株式会社 住宅性能評価センター

Service

住宅性能評価・長期使用構造等確認

一戸建ての住宅

鉄骨造・鉄筋コンクリート造等

  設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■基本料金(地上階数2以下かつ250m²以下) 66,000 110,000
●階数追加料金(階数3以上の階数毎) +15,277 +15,277
●地階追加料金 +20,370 +20,370
■分野追加料金(1分野あたり) +2,037 -
■分野追加料金(長期使用構造等) +5,500 -
■変更評価料金(誤記等の変更) 5,093 5,093
■変更評価料金(評価方法基準の変更) 評価方法基準
1分野の変更:20,370
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
評価方法基準
1分野の変更:20,370
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
■再検査追加料金(各再検査毎) - +20,370
■地盤の液状化に関する情報提供 設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■情報提供を行う場合 10,186

令和3年5月6日
※(単位:円 / 税込)

木造

■一般(紙)申請 設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■階数2以下 60,500 81,482
■階数3 77,000 96,759
 ●地階追加料金 +20,370 +20,370
■分野追加料金(1分野あたり) +2,037 -
■分野追加料金(長期使用構造等) +5,500 -
■変更評価料金(誤記等の変更) 5,093 5,093
■変更評価料金(評価方法基準の変更) 評価方法基準
1分野の変更:15,277
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
評価方法基準
1分野の変更:15,277
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
■再検査追加料金
(基礎、躯体、内装内張り前の各再検査毎)
- +21,389
■再検査追加料金(竣工再検査) - +31,574
■電子(インターネット)申請 設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■階数2以下 38,500 64,166
■階数3 55,000 79,445
■分野追加料金(1分野あたり) +2,037 -
■分野追加料金(長期使用構造等) +5,500 -
 ●地階追加料金 +15,277 +20,370
■変更評価料金(誤記等の変更) 5,093 5,093
■変更評価料金(評価方法基準の変更) 評価方法基準
1分野の変更:15,277
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
評価方法基準
1分野の変更:15,277
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
■再検査追加料金
(基礎、躯体、内装内張り前の各再検査毎)
- +15,277
■再検査追加料金(竣工再検査) - +21,389
■化学物質濃度測定 設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■必須測定項目(ホルムアルデヒド) - 30,555
■選択項目
(トルエン・キシレン・
エチルベンゼン・スチレン)
- 50,926
■地盤の液状化に関する情報提供 設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■情報提供を行う場合 10,186

令和3年5月6日
※(単位:円 / 税込)

長期使用構造等の確認

  料金
■基本料金(一戸建ての住宅・木造2階建て) 41,800
■基本料金(一戸建ての住宅・非木造2階建て) 66,000
 ●階数追加料金(階数毎) +22,000
■基本料金(共同住宅等・木造2階建て) 71,500
 ●住戸追加料金(評価住戸2以上の住戸数毎) +7,700
 ●階数追加料金 (階数毎) +22,000
■変更料金(誤記等の変更) 5,500
■変更料金(長期使用構造等の変更) 長期使用構造等
1分野の変更:16,500
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,500
■変更料金(軽微変更) 2,200

令和4年2月20日
※(単位:円 / 税込)

共同住宅等(新築)

鉄骨造・鉄筋コンクリート造等

※延面積30,000㎡超は別途見積もりとする。
※変更評価(設計・建設)の料金は、上記に掲げる料金の50%とする。
※変更内容が小規模な変更評価(設計・建設)の料金は、上記に掲げる料金の20%とする。
※長期使用構造等を選択した場合は「選択あり(1分野)」とする。

選択項目による追加料金

  設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
化学物質濃度測定 - 50,926(基本料金)+ 30,555×住戸数
地盤の液状化に関する情報提供 10,186

(単位:円 / 税込)

木造

■一般(紙)申請 設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■基本料金(階数2以下かつ評価住戸1) 66,204 86,574
 ●住戸追加料金(評価住戸2以上の住戸数毎) +7,130 +10,186
 ●階数追加料金(階数3又は地階) +15,277 +15,277
■分野追加料金(1分野あたり) +3,055 -
■分野追加料金(長期使用構造等) +5,500 -
■変更評価料金(誤記等の変更) 5,093 5,093
■変更評価料金(評価方法基準の変更) 評価方法基準
1分野の変更:15,277
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
評価方法基準
1分野の変更:15,277
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
■再検査追加料金
(基礎、躯体、内装内張り前の各再検査毎)
- +21,389
■再検査追加料金(竣工再検査) - +31,574
■電子(インターネット)申請 設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■基本料金(階数2以下かつ評価住戸1) 49,500 69,259
 ●住戸追加料金(評価住戸2以上の住戸数毎) +7,130 +10,186
 ●地階追加料金 +15,277 +15,277
■分野追加料金(1分野あたり) +3,055 -
■分野追加料金(長期使用構造等) +5,500 -
■変更評価料金(誤記等の変更) 5,093 5,093
■変更評価料金(評価方法基準の変更) 評価方法基準
1分野の変更:15,277
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
評価方法基準
1分野の変更:15,277
2分野以上の変更は
1分野毎に:+5,093
■再検査追加料金
(基礎、躯体、内装内張り前の各再検査毎)
- +15,277
■再検査追加料金(竣工再検査) - +21,389
■地盤の液状化に関する情報提供 設計住宅性能評価 建設住宅性能評価
■情報提供を行う場合 10,186

令和3年4月1日
※(単位:円 / 税込)

長期使用構造等の確認

延べ面積(m²) 長期使用構造等の確認
延面積による基本料金 合計料金
~500 85,140 基本料金

5,500×住戸数
500 超 ~ 1000 127,600
1,000 超 ~ 1,500 170,280
1,500 超 ~ 2,000 212,850
2,000 超 ~ 3,000 255,200
3,000 超 ~ 5,000 319,000
5,000 超 ~ 7,500 399,080
7,500 超 ~ 10,000 446,600
10,000 超 ~ 15,000 670,450
15,000 超 ~ 20,000 893,970
20,000 超 ~ 30,000 1,117,600

令和4年2月20日
※(単位:円 / 税込)

※変更確認の料金は、上表に掲げる料金の1/2とする。
※増築・改築の料金は別途見積りとなります。

ページの先頭へ